リソース

日本における特許侵害論での均等論について
-米国・欧州・中国との対比―

日本で均等論侵害は未だに権利者にとっては米国ほど身近な存在ではない. 均等論」は、古くは英国の判例法において法理論が形成され、その後、米国裁判所において様々な重要判決が出され、進化した法理論である、日本においては、長く否定されてきたが、2016年の最高裁判決により認められた侵害理論である。
続きを読む

特許・新規性喪失の救済

日本では、出願前に自己の行為により発明品を公表して新規性を喪失した場合でも、1年以内に出願すれば特許庁は「新規性を喪失しなかった」ものとして審査される
続きを読む

ECサイトへの出品禁止解除措置

一般に、ECサイトは「コンプライアンス」の観点から、特に知財権侵害の商品に関しては神経質になっており、「侵害している」旨のクレームがあった場合には、
続きを読む

日本における弁理士という職業について

日本においては弁理士という職業は、弁護士、公認会計士等に比して、余り知名度がない。 弁理士の基本的な職域は、産業財産権(特許、実用新案、意匠、商標)の国内及び外国での登録関連業務である。日本の弁理士制度は、欧州の弁理士制度、特に、ドイツの制度に近似しており、米国の弁理士制度とは異なる。
続きを読む

日本の実用新案制度の紹介(3)

前回、日本の実用新案制度の、特に、中小企業への有用性について紹介した。 自社のマーケットが守れるか」について紹介する 日本の実用新案制度は、新規性、進歩性に関する事前審査を行わず登録する無審査制度を1993年から採用している。それ以前は、特許制度と同様に審査制度であったが、登録まで時間がかかる、という批判が産業界からあったため、無審査制度に改正となった。
続きを読む

日本の実用新案制度の紹介(第2回)

前回の投稿で日本において「実用新案制度を利用することの有用性」に触れた。さらに、実用新案制度の有用性について述べる。日本において中小企業が「技術的アイデア」を保護しようとした場合には、実用新案制度は強い味方である。
続きを読む

PCT国際調査制度」・1 Patent Cooperation Treaty(PCT)「特許協力条約」・2) 特許ハーモナイゼーションの歴史・3

PCTには「国際調査制度」がある(PCT15条)。国際調査に関しては、WIPOのPCT関連会合でも様々な問題が提起され、かつ、個人的にもかつて大きな問題に直面したことこがある。これらの問題を検討する前に、まず「特許の審査一般における調査」について考える必要がある。
続きを読む